金という素材として買い取りしてもらう

古銭の買い取り店の多くは、国宝級となるような骨董を取り扱っています。しかし、金などの大判や小判があるのなら、金や銀を買い取りする店も比較のために利用してみるのも損をしないのではないのか、こうした声も聞かれています。大判や小判は、貨幣よりもインゴットとした見方が強く、合金でない証明に、薄く伸ばした延金でした。誰もが、社会や歴史の教科書で知っているはず、1588年の天正大判を例とした場合、重さは約165gです。含有量から言えば、18金ほどでしょう。また、その時代によって含有量もマチマチ、85%からの純度で、強いて言えば20金から14金ほどになります。こうした価値で言えば、あまり高価買取と言うような期待はできない可能性もあります。反対に骨董店でならば、歴史的な資料としてコレクションされることも多く、金とした価値に付加価値があり、物によっては数千万という価格もつくようです。取りあえずは、両方を比較してみましょう。銅銭などは骨董価値が高いようですから、迷わずに骨董店に持ち込みましょう。

出張・宅配対応の記念硬貨買取の専門店をチェック!
硬貨を手軽に高く売れる方法を教えます!