レアなお金も古銭買取店で買い取ってくれる

日本円に価値がある、古銭買取ののぼりを見る度に思いますが、手元にあるのは現代の紙幣や貨幣ばかり、ですが、その中にも希少価値のある一枚があるようです。誰もがコレクションした経験があるのは、ギザ10でしょう。また、ネズミ小僧の時代劇でお馴染みとなる穴銭、今ならば5円や50円玉が同じ穴銭です。中には、製造される際に穴がズレてしまったり、半分だけ開いていたり、二重に穴が開いていたり、そうしたレア銭も古銭買取店では取引が可能です。もちろん、10銭でも紙幣で発行されていた時代もあります。今でも、お札には、アルファベットと数字による製造番号が記載されていますが、ラッキーナンバーは高値で取引されています。古銭の中には、大判小判もあるでしょう。純金価値、骨董価値などは年代によってピンキリです。明治時代の古銭、デザイン性や銀貨という点で、今や装飾品としてリメイクしたいがために人気を集めており、高価買取強化中、という店舗もあるようです。