鑑定でグレードを付けてから買い取り

古銭買取を行う骨董店に持ち込むにも、最近では日本銭よりもアンティークコインの持ち込みが増えているようです。大事なのは本物の証、骨董品を扱う店舗では、鑑定士が籍をおきます。古銭の価値も、その状態により異なってしまうため、品質基準を定める必要もあるようです。例えば、鑑定士も目利きのプロですが、物によっては数千万のプレミア価格がつく古銭もあります。鑑定に出してから、改めて査定することもあるようですから、即日現金化できないこともあります。こうしたアンティークコイン鑑定の専門家によって、グレーディングされます。古銭コレクターならばしっかり保管しているでしょうが、種別・グレード・識別番号によって分けたり、ケースも腐食性ガスや湿気に対して効果的なケースを用いります。古銭買取を利用するならば、見た目が汚いから評価が下がる、こうした考えは除外しましょう。アンティークコインの中には、例えば、100年以上前に発行されたコインもあります。発行はされたものの流通しなかったコインもあるようで、その場合、最高グレードもMS67くらいでしょうが、買取額というのは発行枚数により左右されていますから、希少価値は汚れとはあまり関係していません。